Fusion PCBで基板発注

友人に頼まれてピッチ変換基板を作ることになったので、その記録を書いておこうと思います。

個人でも安価に試作基板を作ってくれるサービスとしてブルガリアの会社 OLIMEX が有名ですが、今回は中国の Fusion PCB に頼んでみました。

 簡単に比較すると以下のような感じです。

Olimex

  • 値段:
    • 160mm x100mm 両面 €30.00 (1〜4枚の価格) + 送料 €5.50
      (€1 = 109.3 円換算で 3877円/1枚)
  • 最小枚数: 1 枚
  • 最小パターン幅: 8mil
  • 最小パターン間隔: 8mil
  • 最小アニュラリング幅: 8mil
  • 最小シルク幅: 10mil

Fusion PCB

  • 値段: 
    • 50mm x 50mm x 10枚 $9.9 + 送料 $4.1
      ($1 = 82.8円換算で 1159円/10枚)
    • 100mm x 100mm x 10枚 $24.9 + 送料 $8.1
      ($1 = 82.8円換算で 2732円/10枚)
    • 150mm x 100mm x 10枚 $69.9 + 送料 $0  ($50以上で送料無料)
      ($1 = 82.8円換算で 5788円/10枚)
  • 最小枚数: 10 枚
  • 最小パターン幅: 6mil
  • 最小パターン間隔: 6mil
  • 最小アニュラリング幅: 6mil
  • 最小シルク幅: 4mil

OLIMEX でも十分安かったのですが、Fusion PCB では基板 10 枚でこのお値段! 50mm x 50mm に収まってしまえば、1枚 120 円程度で作れてしまいます。

しかも、Olimex よりも詳細なパターンが作成できますし、追加料金無しでウラ面のシルクも可能です。

今回は1.27 mmピッチ(ハーフピッチ)の DIP (表面実装ではなく、ピン形状)から 2.54mm ピッチへの変換だったのですが、ハーフピッチのホールが 0.7mm とすると、

Olimexでは

  • ピン穴 0.7mm (27.56mil) + アニュラリング 8mil × 2 + パターン間最小間隔 10mil
    = 53.56mil

 となり、ハーフピッチのピン間隔の 1.27mm(50mil) に収まりません。

fusion PCB では

  • ピン穴 0.7mm (27.56mil) + アニュラリング 6mil × 2 + パターン間最小間隔 6mil
    = 45.56mil

なので、3mil ほど余裕があります。 

というわけで、EAGLE で適当に基板をでっち上げてみました。

ピッチ変換基板のガーバーデータ
ピッチ変換基板のガーバーデータ

ピッチ変換だけではもったいないので、空いている領域をスルーホールのユニバーサル基板にしてみました。

EAGLE は今回初めて使ったのですが、結構操作性にクセがあり慣れるまでイライラします。とはいえ、Linux でも動いてくれるのは非常にありがたいです。

上記のガーバーデータの確認には、gerbv というビューワーを使いました。Ubuntu のパッケージに存在するので、apt-get install gerbv ですぐ使えます。

最近ではこういう用途でも Linux 上で完結できるんですね。素晴らしい。便利になったものです。

Fusion PCB への注文は以下のサイトが参考になりました。

大まかに以下のような流れになります。

  1. Fusion PCBのサイトで基板サイズなどを指定してサービスを購入
    ここでオーダー番号が発行される。
  2. シルクにオーダー番号を入れて、ガーバーデータを作成
  3. ガーバーデータを圧縮し、オーダー番号と共にメールで送信

シルクにオーダー番号を入れると処理が早くなるそうです。必須というニュアンスではなかったので、入れなくても処理してくれそうですが、今回は念の為入れておきました。

3/20 に注文したので届くのは 4月上旬かな? どんな出来になるか楽しみです。

関連した記事:


One comment

  1. はじめまして、
    SeeedStudio会社Fusion PCB課のKathyと申します。

    SeeedStudioはオープンソースハードウェア(Open source hardware)の会社として、世界でも有名です。
    Fusion PCB課のプリント基板試作(PCB Prototypep )は弊社の特色サービスであります。
    基板製造・実装・設計は低価格・短納期、高品質で入手を実現できます!

    つきましては、記事を拝見しました。
    Fusion PCBをご利用いただき、ありがとうございます。
    日本の皆様のおかげで、5月4日にfusionの日本語サイト(https://fusionpcb.jp)が営業に運びになりました。
    宣伝するために、レビュー記事を募集中です。
    ですから、ご連絡いたします。お忙しいところ、申し訳ございません。
    恐縮ですが、もしよかったら、弊社のFusion PCBへレビュー記事をお書きいただけませんか。
    日本の皆様に格安のプリント基板をご紹介いただければ幸いと思います。
    御礼として、弊社のクーポン$30をお送りいたします。

    もし可能なら、kathy@seeed.ccまでご連絡ください。

    よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*