GW-CF54G ドライバちょっとだけ更新

久しぶりの更新になります。GW-CF54Gドライバをちょっとだけバグフィックスしました。→ダウンロードページ

修正した内容は以下の通りです。

  • 接続していないときに /dev/net/wireless を読み出すとSegmentation Fault が発生するバグを修正

えーと、普通に使っている人は全く支障のないバグなので、別に更新する必要はないです。(^^;

ただ、次のブログエントリでリリース予定の無線LANアクセスポイント探索ツール「WifiConnect」を使う際にはこの修正が必須になります。
WifiConnect を使うときだけ必要なアップデートですので、次のブログエントリを読んでから必要であればアップデートしてください。

wpasupplicant の方は更新していませんので、081211版をそのままお使いください。wpasupplicantはアンインストールする必要はありません。GW-CF54Gドライバだけ入れ直せばOKです。

関連した記事:


6 comments

  1. zaurus用の類似ソフトにkismetというのがありましたが、アクセスポイントの探索後にカードの抜き差しをしないと接続ができず、またダミーの接続先を用意する必要があったり、追加のライブラリが必要だったりと設定が複雑で不便に思っていました。
    今回のソフトはWindowsXPのユーザにはなじみやすいインタフェースのようですね。
    早速ダウンロードして活用させていただこうと思います。

    • はじめまして、しゃむさん。
      kismet は知っていたのですが、以前色々試行錯誤しても結局一度もうまく動かせなくて挫折したので、まだ使ったことがないんですよ。

      しゃむさんが表現された通り、WindowsXP のアクセスポイント一覧の UI を意識してます。
      あの UI は非常に直感的で使いやすいインターフェースだったので、あのような使い勝手の無線LAN設定ツールが欲しいと思いまして。
      まだ検索するだけですが、改良していく予定ですので、長い目で見守ってやってください (^^)

  2. C3100@V18J,WN-G54/CF,WPA(AES)接続成功した、と以前コメントさせていただきました。
    その後、母艦の無線LAN接続をやり直したため設定変更しようとしたのですが、SSIDが以前の設定のまま消えません。
    以前の設定を削除してセットアップから始めてみましたが、wpasupplicantを開くと削除したはずの以前のSSIDが表示されます。

    改善の方法をご教示いただけるとありがたいです。

    • お久しぶりです。らーまるさん。
      昨日まで旅行に行っていたため返事が遅れてごめんなさい。

      問題の件ですが、WPA Settings アプリで作成している設定ファイルが残っているためですね。
      一時的な回避策として、/etc/wpa_supplicant/ 以下の設定ファイルを消してみてください。

      WPA Settings を直す必要があるのですが、いつのタイミングで設定ファイルを消すかが問題ですね・・・。ちょっと検討してみます。
      ご報告ありがとうございました!

  3. せっかくのお休み中にお手を煩わせてしまい、大変ご迷惑をお掛けいたしました。
    ご教示のとおり、設定ファイルを削除してから再度設定しなおしたところ無事新しいSSIDが表示され、接続も無事完了いたしました。
    早速のご対応ありがとうございました。

    • こちらこそバグのせいでお手間を取らせてすいません。

      今日リリースする wpa-suplicant_0.5.7-090507 版では、WPA Settings アプリ
      起動時に設定ファイルの整合を取るようにしました。
      これからはネットワーク設定削除後に WPA Settings を起動すれば不要な設定ファイルは削除されるはずです。

      今度同じシチュエーションになったらお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*