Kobo touch用メンテナンスファームウェア

kobo Touch 用の保守用ファームウェアを作成してみました。

これを使えば裏蓋を開けることなく、内蔵 microSD のバックアップ・リストアやファイル編集などを行うことができます。

ダウンロードと詳しい使い方はこちら

細かい手順はダウンロードページに書いたので、大まかな概要だけ書きます。

kobo Touch では、ホームボタンを押しながら、電源を長スライドさせると外部 microSD から起動させることができます。

これを利用して、メンテナンスファーム起動用の microSD を作り、そこから起動させています。


メンテナンスファームを起動したところ

USBケーブルで PC と接続した状態でメンテナンスファームを起動すると、PCからはネットワークデバイスとして見えるようになります。

認識されれば telnet でログインして kobo を操作することができます。

root でログインできる他、メニュー形式で内蔵 SD のバックアップ・リストアを行う機能も用意しました。

危険なツールですので、使う場合は自己責任でお願いします。ダウンロードページに注意事項なども書いてありますので、よく読んでから使ってください。

自信がない人は実績ができるまでは様子を見ることをお勧めします。

そんな危険なツールを使ってみたい勇敢なヒトバシラーな方、大募集中です。使ってみた方は感想等ご報告いただけるとありがたいです。

今回は kobo Touch 用です。kobo Touch 用がある程度落ち着いたら kobo glo 用も作ろうと思います。

駆け足で書いたので適当な文になってしまった・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。