kobo touch のUART

今回も kobo Touch ネタです。

前回、蓋を開けた時に基板上にUART用端子らしきものがあったのですが、複数あったのでどれが i.MX508 につながっているか調べてみました。

結果的には、以下の写真の J5 が i.MX508のUARTにつながっているようです。

i.MX508のUART端子
i.MX508 の UART 端子

上記写真では、下から順に、VCC(3.3V)、TX、RX、GNDの順になっています。

起動時の波形をロジアナで調べた結果がこちら。

UARTの波形
UARTの波形 (クリックで拡大)

茶色がRX、赤がTXにつながっています。

ロジアナのシリアル解析機能を使ってデコードすると、”U-Boot 2009.08-dirty-svn” という文字列が出力されていることがわかります。(画像の緑色の部分)

また、波形からレートは 115200bps, 8bit, パリティなしであることもわかりました。

ピンがわかったので、次回はUSBシリアルをつなげてログをとってみようと思います。

 

実はこの情報、つい先日 2ch に公開されていました。ひと足遅かった!ちょっと悔しい。(^^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。