Linuxでワンセグ録画 その1

約半年ぶりの投稿になります。まだ見てくれている人はいるのでしょうか?

またまた中途半端な状態で放置してしまってすいませんでした。

半年の間に色々ありました。なんと言っても東日本大震災です。幸い私も家族も実家も、身近な人はみな無事でしたが、都内勤務だったため当日は帰宅困難になったり、しばらく物が買えなくなったり色々大変でした。

勢いで作った radiko player も東日本大震災をきっかけに、エリア制限解除と称して(?)認証が入るようになってしまって、使えなくなってしまいました。

radiko 録音対応もそれまでほそぼそとやっていたのですが、もろくも打ち砕かれてしまいました。

某掲示板では radiko player のソースを独自に改造して今でも使える player を開発している人もいるようですが、認証を行うには法律的に危険な事をしないといけないため、私には手が出せません。

簡単に言うと、著作権で保護された画像を認証のキーにしており、その画像には、「この画像を無断で使用すると著作権侵害として法的措置を取る」といった趣旨の内容が書かれています。個人的には、著作物の個人利用は著作権侵害には当たらないような気もするのですが、法律に明るくないので手出しはできません。

ということで、radiko player は今後再リリースすることはないと思います。radiko にも規制が入ってしまって残念です。

 

さて、戯言はこれくらいにして、今回のお題はワンセグです。今回は zaurus とは全く関係ない話題です。

ちょっと昔に「24時間ワンセグ野郎」というのが注目されたのをご存知でしょうか?

「携帯動画変換君」で有名なMobileHackerzさんが作った、24時間全chのワンセグを録画して、見逃したテレビも振り返って見ることができるという、テレビっ子(表現が古いな・・・)には夢のようなシステムです。

最近 REGZA の CM で「30時間6つのチャンネルを遡って再生」と謳ってる「タイムマシンシフト」のような機能を、ワンセグながらすでに2008年には個人で実現していたんですからすごいですよね。

24時間ワンセグ野郎は Windows でのシステムだったんですが、その後 Linux や BSD 用のドライバを書く人も現れて、今では Linux でもワンセグ野郎の環境が構築できるようです。

で、いまさらながら私も Linux でのワンセグ録画を試してみました。

ただ、Linuxでワンセグ録画ができるチューナーはかなり限られていて、ワンセグ野郎に対応しているチューナーは今ではほとんど入手困難です。たまにオークションで売りだされていますが、すごく高価なので8ch分揃えるにはお金と時間がかかりすぎます。

24時間録画しなくても、とりあえず予約録画出来て通勤時間に見れればそれでいいかなと思って1個だけ買ってみました。

LOG-J200 買いました
LOG-J200 買いました

買ったのはPCTV-hiwasa miniです。LOG-J200という型番のほうが有名かもしれません。

確かオークションで5,000円くらいしました。最近のワンセグチューナーは安いやつで1,000円台という事を考えると相当高いです。それだけ希少価値があるということでしょう。

こいつを使って Ubnutu 11.04 の環境でワンセグ録画にチャレンジしようと思います。

長くなったので今日はここまで。

関連した記事:


2 comments

  1. ご無沙汰してます。kanonです。

    9月からNHKも「らじる」なるインターネットラジオの配信を始めましたけどこれもradikoと同様著作権がらみの認証が必要な仕様になってるんでしょうか?
    もしそうでなければお忙しいとは思いますがおねだりをしたいとこなんですが(^^;)

    • kanonさん、ご無沙汰してます。

      NHKもついに始めたんですねー。
      ちょっと調べてみたら「サイマルラジオ」 http://www.simulradio.jp/ というのもあるようですね。
      radiko 以外でも結構ネットラジオは聞けるんですね。

      さて、NHKのらじるですが、Linux PC では既に聞く方法があるようで、新しい rtmpdump をビルドできればいいみたいです。
      ちょっとビルドしてみますかね。しばしお待ちを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*