qgmap 開発メモ – 設定ファイルとかスレッドとか

あ、ザウルスでGoogleMapですが、勝手に qgmap と名付けました。とりあえず。

一応地図は表示できるようになったものの、地図データのパスを指定したり、パスを設定ファイルに保存したりしなくちゃいけない。

zaurus 内を覗いてみると、~/Settings に設定ファイルが集まっているようだ。設定ファイルのフォーマットは Windows の INI ファイルみたいに、

[セクション名]
アイテム名 = 設定値

といったフォーマットになってる。これって各アプリ自前でパースしてんのかな?? 結構手間だなぁ。

なんて思いながらググっていると、Configというクラスを使えば簡単に読み書きできることが分かった。(→参考ページ

なるほど、簡単にアクセスできるクラスがあるんだね。ちなみに、Qt3 では QSettings というクラスでできるようだ。これらを#ifdef で切り替えれば x86 でも zaurus でも動くように作れそう。

あと Qtopia-1.6 のリファレンス も発見。zaurus では Qtopia-1.5 らしいけど、Trolltechのページには1.5は見つからなかった。まぁこれで十分。

軽くクラス一覧を見てみると、QThread が無いらしい。これもググってみると、zaurus では QThread は使えないので pthread を使えと書いてある。(→参考ページ)

地図スクロール時の引っかかるような感じは、地図画像の読み込&拡大処理が終わるまで表示が待たされるために起こるので、これらの処理を別スレッドで動かそうかと思ってたんだけどなぁ。ちょっと面倒らしい。シングルスレッドでできる方法も考えてみるか。

関連した記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*