SDHCドライバ内蔵済 rootfs for SL-A300

—-4/10追記—-

すいません、qinstall の対応漏れや、検証してみたら問題があったなど、公開できるレベルにないことがわかったので、もう少しちゃんとした形にしてから公開します。期待していた方ごめんなさい。

rootfsの入れ替えは完全初期化が必要で、さらに起動しなくなる可能性もあるなど結構影響が大きいので、中途半端な形での公開はご迷惑をかけることになるので、もう少し検証してからにしたいと思います。
ダウンロードページも一時非公開にしました。ブースカさんからコメントいただきましたが、ページごと非公開になっているだけで、コメントは残っています。消したわけではありませんのでご心配なく(^^)

———

最近仕事が忙しくなってきて久々の更新です。

SDHC ドライバを SL-A300 の rootfs に組み込んでしまって、電池が切れて全てが消えてしまっても最初から SDHC が使えるようにするキットを作成しました。  → ダウンロードページ

Linux PC等を使わなくても SL-A300 本体のみでSDHC内蔵 initrd.bin を簡単に作成するためのものです。

発端は sugarware さんのコメントでした。電池が切れるとSDHCドライバも消えてしまうため、SDHCにバックアップしたデータをリカバリするのに手間がかかるというご相談でした。

確かにSL-A300はバッテリバックアップで RAMDISK を保持しているので、電池が切れると全て消えてしまいます。

そのため頻繁にバックアップは取りたいけど、バックアップだけは1GB以下のSDというのもちょっと使いづらいです。

ということで、SL-A300 の NOR Flash に書かれている rootfs に SDHC ドライバを組み込んでしまうことにしました。

本当なら rootfs のイメージ(initrd.bin) を配布できれば楽なのですが、 GPL でないものも含まれているので勝手に配布できないため、イメージをユーザの方々に作っていただく必要があります。

できるだけ簡単に作れるようにしたつもりです。イメージの作成方法からアップデートの方法までダウンロードページに書きましたので、興味のある方はお試しください。

関連した記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*