SL-C700 用の qinstall-fix & SDHCドライバ?

ブースカさんから qinstall-fix が SL-C700 でインストールできないとのご報告がありましたので、SL-C700 の ROM 1.50JP に合わせて修正し直しました。→ ダウンロードページ

SL-C700 以外の方はインストールし直す必要はありません。

また、超危険ですが、実機もないのに SL-C700 SDHC ドライバを作ってみました。どなたか検証してみたいという方はいらっしゃいませんでしょうか。

SL-C750/760/860 の SDHC ドライバと SL-C700 のドライバはかなり似ていたため、まともに解析はせず、ただ単にパッチを当てるオフセットを合わせただけです。ですので動くどころか kernel panic する可能性も大です。

そんな状態ですので、とても恐くてリリースとは名乗れませんので、ダウンロードページではなく、このエントリで配布します。

  •  zaurus-sd-driver-update_2.0-for-C700_arm.ipk  (SL-C700用 超危険版)

—-3/5追記—-

問題なく動作しているようなので、ダウンロードページでの配布に切り替えました。ダウンロードページからどうぞ。

—————–

注意事項として、ドライバロード時に kernel panic になるような場合、最悪NANDリストアしなければ起動しなくなるかもしれません

NANDリストアしなくとも、メンテナンスカーネルから sharp_mmcsd_m.o を元に戻す作業をすれば起動はできるようになると思いますが、これらの意味がわからない方は絶対に試さないでください

これが動かないとなると実機がないので修正することは困難です。このまま動いてくれるといいんですけど。。。

関連した記事:


7 comments

  1. bucchi さん、こんばんは。ブースカです。
    SL-C700 ROM Ver.1.50JP 用の qinstall-fix のリリースありがとうございます。

    早速テストしてみました。その結果、
     ・qinstall-fix_100220 自身のインストール/アンインストールですが正常でした。
     ・ただし、qinstall-fix_100220 インストール終了時にハングアップする現象が発生しています。
     ・SD-Link11b の SD メモリーカードドライバーを使用して、4GB の SD メモリーカード(非SDHC)にインストールを実行してみましたが、正常にインストールできました。

    なお、テスト結果の詳細は以下の通りです。

    PS.何と、SL-C700 用の SDHC ドライバーをテストバージョンとしてリリースされたんですね、これから人柱になってみます(笑い)。また、ご報告します。

    【テストした qinstall-fix のバージョン】
     ・バージョン:100220
     ・ipk:qinstall-fix_100220_arm.ipk

    【テスト環境】
     ・機種:SL-C700
     ・ROM バージョン:1.50 JP
     ・カーネルバージョン:Normal Kernel 2.4.18-rmk7-pxa3-embedix-021129 (zaurus@sharplinux)
     ・システム情報のスクリーンショットを『はてなフォトライフ』にアップロードしましたので、ご参考まで。
      『テストに使用した SL-C700 のシステム情報』
    http://f.hatena.ne.jp/ole-shikou/20100219023414

    【qinstall-fix_100220 自身のインストール/アンインストール】
     qinstall-fix_100210_arm.ipk 自身のインストールとアンインストール時の動作を確認しました。その結果、以下の不具合を確認しました。なお、インストール/アンインストールの動作そのものは問題ありませんでした。

    (1) インストールパッケージに不要ファイルの混入はありませんでした
    (2) バイナリーパッチが当たった /home/QtPalmtop/binlib/qinstall.so が作成されたことを確認
    (3) インストール情報の確認
     下記のインストール情報を確認
     /usr/lib/ipkg/status – インストールが正常に実行されたことを確認
     /usr/lib/ipkg/info/qinstall-fix.list – インストールされたファイルリスト
    (4) postrm スクリプトにより、アンインストール時に SHARP オリジナルの標準インストーラー(/home/QtPalmtop/binlib/qinstall.so)に復旧されたことをコマンドラインで確認
    (5) アンインストール終了時に postrm スクリプト内のコマンド qcop QPE/System “restart()” により、Qtopia レベルの再起動(大きな「砂時計」が表示される)がかかることを確認

     ・不具合:インストール終了時にハングアップする現象が発生しています。2回テストしましたが、同様な現象を確認しましたので間違いないと思います。SL-C700 の場合、control ファイルの『NeedRestart: qtopia』の記述が正常に動作していないようです。キーボードを含めて一切の操作を受け付けないのでハードウェアリセット(本体裏側の電池交換スイッチを「解除(交換時)」に切り換えた後、戻す)でしか復旧できませんでした。なお、qinstall-fix_100220 自身のインストールは正常に終了しています。

    【4GB SD メモリーカード(非SDHC)へのインストール結果】
     SD-Link11b の SD メモリーカードドライバーを使用して、4GB の SD メモリーカード(非SDHC)にインストールを実行してみましたが、正常にインストールできました。

    □テスト条件
    ・テストに使用した SD メモリーカードドライバー
     SD-Link11b
    ・テストに使用した SD メモリーカード
     Transcend 4GB SD TS4GSDC
     SD メモリーカードの残り容量:3.7GB
    ・テストに使用した ipk
     SHARP が提供している郵便番号辞書データ yubindata_20010501.ipk
     SD メモリーカードへのインストールを認めており、単一のファイルで確認し易いため選定

    □テスト方法と結果
    以下の手順で上記の3種類の SD メモリーカードに対してテストしました。
    (1) SD/SDHC メモリーカードへのインストールの実行
     本体メモリに置いた上記の郵便番号辞書データを標準インストーラー(qinstall パッチ済み)で SD メモリーカードへインストールを実行、インストール作業中に残り容量の警告、エラーの発生がないことを確認
    (2) インストールされたファイルをコマンドラインで確認
     上記の郵便番号辞書データはSD メモリーカード上 /usr/mnt.rom/card/QtPalmtop/etc ディレクトリに yubin02.dat の1ファイルがインストールされます。
    -rwxrwxrwx 1 root root 1009001 Apr 25 2002 /usr/mnt.rom/card/QtPalmtop/etc/yubin02.dat
    (3) インストール情報の確認
     下記のインストール情報を確認
     /usr/lib/ipkg/status – インストールが正常に実行されたことを確認
     /usr/lib/ipkg/info/yubindata.list – インストールされたファイルリスト
    (4) インストールした郵便番号辞書が正常に動作していることを確認
     アドレス帳を起動し、{新規作成]で郵便番号の欄に入力し、郵便番号から正常に住所が引けることを確認、正常に動作していることを確認
    (5) アンインストールを実行
     標準インストーラー(qinstall パッチ済み)で郵便番号辞書データのアンインストールを実行、アンインストール作業中にエラーの発生がないことを確認
    (6) アンインストールされたことをコマンドラインで確認
     SD メモリーカード上の /usr/mnt.rom/card/QtPalmtop/etc/yubin02.dat が正常にアンインストール(削除)されたことを確認

    以上、長文失礼しました。

    • ブースカさん、いつもいつもありがとうございます。
      なるほど、qinstall のパッチ当ては成功しているものの、インストール時に問題ありということですね。
      うーん。postrm の時と同様、 qcop コマンドで強制的に再起動かければ大丈夫かもしれませんね。
      修正してみます。ありがとうございました。

  2. bucchi さん、おはようございます。ブースカです。
    すごいです。SL-C700 であっさり 32GB SDHC 使用できました!!
     ・インストールパッケージ zaurus-sd-driver-update_2.0-for-C700 のインストール/アンインストールですが、まったく問題ありませんでした。
     ・とりあえず、1GB SD、4GB SDHC、32GB SDHC の3種類の SD/SDHC メモリーカードでテストしましたが、メディアの認識および容量が正しく認識されていることの両方とも問題ありませんでした。
     ・32GB SDHC について簡単な読み書きテスト(MP3 音楽ファイルの再生を含む)を実施しましたが問題ありませんでした。

    なお、テスト結果の詳細は以下の通りです。

    PS.今日はこの後、出かけるので続きは明日以降ご報告いたします。とりあえず『速報』ということで。では…….

    【テストした zaurus-sd-driver-update のバージョン】
     ・バージョン:2.0-for-C700
     ・ipk:zaurus-sd-driver-update_2.0-for-C700_arm.ipk

    【テスト環境】
     ・機種:SL-C700
     ・ROM バージョン:1.50 JP
     ・カーネルバージョン:Normal Kernel 2.4.18-rmk7-pxa3-embedix-021129 (zaurus@sharplinux)
     ・システム情報のスクリーンショットを『はてなフォトライフ』にアップロードしましたので、ご参考まで。
      『テストに使用した SL-C700 のシステム情報』
    http://f.hatena.ne.jp/ole-shikou/20100219023414

    【認識に成功した証拠写真(スクリーンショット)】
     まず、SL-C700 で 32GB SDHC メモリーカードの認識に成功した証拠写真(スクリーンショット)を『はてなフォトライフ』にアップロードしましたので、ご参考まで。
     ・SL-C700 での 32GB SDHCメモリーカードの認識結果 [設定] – [システム情報]
    http://f.hatena.ne.jp/ole-shikou/20100221053133
     ・SL-C700 での 32GB SDHCメモリーカードの認識結果「df コマンド実行結果」
    http://f.hatena.ne.jp/ole-shikou/20100221053132

    【zaurus-sd-driver-update_2.0-for-C700 自身のインストール/アンインストール】
     zaurus-sd-driver-update_2.0-for-C700 自身のインストールとアンインストール時の動作を確認しましたがまったく問題ありませんでした。

    (1) インストールパッケージに不要ファイルの混入はありませんでした
    (2) インストール終了後、自動的にシステムの再起動が実行されることを確認しました。(インストールパッケージの cotrol ファイルの『NeedRestart: linux』の記述による)
    (3) バイナリーパッチが当たった /lib/modules/2.4.18-rmk7-pxa3-embedix/kernel/drivers/block/sharp_mmcsd_m.o が作成されたことを確認しました。
    (4) インストール情報の確認
     下記のインストール情報を確認しました。
     /usr/lib/ipkg/status – インストールが正常に実行されたことを確認
     /usr/lib/ipkg/info/qinstall-fix.list – インストールされたファイルリスト
    (5) prerm スクリプトにより、アンインストール時に SHARP オリジナルの SD メモリーカードドライバーに復旧されたことをコマンドラインで確認しました。

    【テストに使用した SD/SDHC メモリーカード】
     とりあえず、つぎの3種類の SD/SDHC メモリーカードでテストを実施しました。なお、テスト時の初期化状況はいずれも『工場出荷時』のままです。
     (1) 東芝 32GB SDHC SD-K32GR5W4 CLASS 4(海外向けリテール品)
     (2) Panasonic 4GB SDHC RP-SDM04GL1K CLASS 4
     (3) Transcend 1GB SD TS1GSDC

    【テスト結果】
    ・各動作条件(挿入時、サスペンド→レジューム、SD アイコンタップによる取り外し)での認識状況(マウント/アンマウント)と容量の認識(正しく認識されていること)については、全く問題ありませんでした。
     テストで取得したログ:
     -東芝 32GB SDHC http://fsasaki.sakura.ne.jp/Zaurus/text/sd_info_v007_SL-C700_result_TOSHIBA_32GB_SDHC_CLASS_4_SD-K32GR5W_20100221_0354.txt
     -Panasonic 4GB SDHC http://fsasaki.sakura.ne.jp/Zaurus/text/sd_info_v007_SL-C700_result_Panasonic_Panasonic_4GB_SDHC_CLASS_4_RP-SDM04GL1K_20100221_0350.txt
     -Transcend 1GB SD http://fsasaki.sakura.ne.jp/Zaurus/text/sd_info_v007_SL-C700_result_Transcend_1GB_SD_TS1GSDC_SD_20100221_0343.txt

    ・簡単な読み書きテストの結果
     東芝 の 32GB SDHC メモリーカードについて簡単な読み書きテストを実施しましたが問題ありませんでした。
     (1) ディレクトリの作成(テスト用音楽ファイル保存用ディレクトリの作成)
     (2) ファイル書き込み(テスト用音楽ファイルの本体メモリーからのコピー)
     (3) ファイル読み込み(テスト用音楽ファイルの再生、標準搭載『メディアプレーヤー』による)
     (4) ファイル削除(テスト用音楽ファイルの削除)
     (5) ディレクトリの削除
     上記のテストを専用のシェルスクリプトを作成し実行した結果、全く問題は発生しませんでした。なお、読み込みテストについては、標準搭載の『メディアプレーヤー』で音楽ファイル(MP3 形式)の再生テストを実施しましたが問題ありませんでした。
     テストで取得したログ:
    http://fsasaki.sakura.ne.jp/Zaurus/text/sd_rw_test_v007_SL-C700_TOSHIBA_32GB_SDHC_CLASS_4_SD-K32GR5W_20100221_0509.txt

    以上、長文失礼しました。

    • ブースカさん、危険なものをすすんで試していただいてありがとうございます。
      ひとまず最悪な状態ではないことがわかり安心しました。
      細かいところは様子を見ながら使っていかないとわからないかもしれませんが、
      動いているように見えるので、ちょっと一安心ですね。
      いやいや、動いて良かったです (^^)

  3. 以前、SDHCドライバーについてSL-C700で試せないか質問したものです。
    いつの間にか対応されていたことを今頃気づきました。
    早速ダウンロードしてみます。
    ありがとうございます。

  4. bucchi さん、SL-C860のユーザーです。

    数々の便利なソフトを提供してくださりありがとうございます。

    実は、すでにqinstall-fixが正常に動作しているとの報告がほかのユーザーさんから出ていますが、qinstall-fix_100220_arm.ipkを「ソフトウェアの追加/削除」でインストールをしようとすると、「エラー 失敗しました」というメッセージが出てインストールできていません。
    qinstall-fix_100210_arm.ipkも同様にインストールできませんでした。

    使用している環境は以下のとおりです。
    ・機種名 :SL-C860
    ・ROM Version:1.40 JP
    ・Kernel:2.4.18-rmk7-pxa3-embedix-021129 (v14i@tetsu.homelinux.org)

    どうかご対応いただければ幸いです。もし必要な情報がありましたらご指示ください。

    zaurus-sd-driver-update_2.1-for-Cxx0_arm.ipkは正常に動作しており,大変便利に利用させていただいています。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*