ownCloudのContactsをふりがなに対応してみた

久しぶりに投稿できそうなネタができたので数年ぶりに復活。

クラウド全盛期のこのご時世、Google カレンダーも Google コンタクトも便利なのはわかっているんですが、予定や電話帳、位置情報と言った個人情報を Google に提供するのがどうにも気持ちが悪くて、Android スマホを使っていながらも、これらのアプリは Google アカウントとは連携せずに使ってます。※1

そんな私のニーズにバッチリなのが ownCloud で、Dropbox、Google Calender (CalDAV)、Google Contacts (CardDAV) を自分のサーバで完全に置き換えることができます。素晴らしい!!

そんなこんなで重宝している ownCloud ですが、不満があったのが Contacts アプリです。一通り機能は揃っていて UI も今風で使いやすいのですが、致命的な欠点はふりがなに対応していないことでした。

内部の DB としてはふりがななどの情報も保持できているようで、 CardDAV を使ってAndroidなどのクライアントからふりがな付きのデータを同期することは問題なくできます。なので、Android 端末側で全て操作して、クラウドの保存先として使う分には問題ありません。

ただ、スマホの機種変更の際の操作ミスが重なり、ふりがなが消えたデータで上書き同期してしまいました。スマホの操作で全部ふりがなを書くのは気が遠くなるので Contacts アプリを改造することにしました。

で、対応したのがこれ。

Contactsアプリを上記のものに置き換えると、設定に「Enable phonetic」「Reverse name order」の2つのチェックボックスが追加されます。

「Enable phonetic」のチェックボックスを有効にすると「せい」「めい」の項目が表示されます。

「Reverse name order」のチェックボックスを有効にすると、「名」「姓」の順から「姓」「名」の順に変わります。

両方にチェックを入れた時の右側の詳細画面がこちら。

もう1つ、ソートの項目に「せい」と「めい」の2つが追加されます。これを選ぶとふりがなでソートができるようになります。

日本なら2つのチェックボックスを有効にして、ソートは「せい」を選ぶのが良いでしょう。「せい」を選んだ場合、同姓なら「めい」でソートされます。

これで日本語環境で最低限使えるようになったと思います。

ソースは github で公開しています。一応本家にもプルリを送ってみたのでうまくいけばマージしてもらえるかも?

※1 .. LINE のほうが Google に比べて信用度は下がるのに、こっちは使わないわけには行かないというジレンマ・・・  コミュニケーションツールがクローズドな仕様で一社寡占状態なのは不健全だと思うんだけどねぇ。

関連した記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*