GW-CF54G ドライバちょっとだけ更新

久しぶりの更新になります。GW-CF54Gドライバをちょっとだけバグフィックスしました。→ダウンロードページ

修正した内容は以下の通りです。

  • 接続していないときに /dev/net/wireless を読み出すとSegmentation Fault が発生するバグを修正

えーと、普通に使っている人は全く支障のないバグなので、別に更新する必要はないです。(^^;

ただ、次のブログエントリでリリース予定の無線LANアクセスポイント探索ツール「WifiConnect」を使う際にはこの修正が必須になります。
WifiConnect を使うときだけ必要なアップデートですので、次のブログエントリを読んでから必要であればアップデートしてください。

wpasupplicant の方は更新していませんので、081211版をそのままお使いください。wpasupplicantはアンインストールする必要はありません。GW-CF54Gドライバだけ入れ直せばOKです。


スペカ v14j, v18k での GW-CF54G ドライバ

スペカの最新版が公開されたことを前のエントリで書きましたが、kaz 様から最新スペカではGW-CF54Gドライバが使えない(というか、フリーズする)とのご報告を頂きました。

早速確認してみたところ、SL-C1000 (スペカ v18k)、 SL-C760 (スペカ v14j) 共にドライバをロードした時点で内部で致命的なエラーが発生するようです。表向きは何も認識されないような挙動になります。

そのため、GW-CF54Gドライバはスペカ v18k, v14j では動きません。v18j, v14i まででご使用ください。

詳しく原因を調べていないのですが、おそらく Wireless Extention のバージョン不一致による不正アクセスが発生したのではないかと思われます。

試しに別の無線LANカード (WLI2-CF-S11) を挿してみたところ、認識はするものの、挿入後LEDが消灯しないなど、挙動がおかしく、接続もできませんでした。
こちらもおそらく、GW-CF54Gドライバと同じような原因で不正アクセスになっているのではないかと思います。

・・・ということは、新スペカでは無線LAN全滅?? 誰か動いてる人いないかな?

GW-CF54G ドライバも、標準でインストールされている Prism系ドライバ(linux-wlan-ng)も、新しいカーネルをベースにビルドし直せば使えるようになるとは思います。

ビルドし直すなら wireless tools (iwconfig等)  も一緒に Wireless Extention v18 に対応したものに差し替えないといけないので、今回のスペカの変更はちょっと影響が大きそうです。

これらの問題さえクリアできれば、無線LANドライバをいじっている者にとっては魅力的な機能変更なんですけどね。


4桁機でも WPA/WPA2 接続できました

前回 4 桁機では動かないといいながら、4 桁機の WPA 対応パッケージも公開していたのですが、どうやらそのままインストールで動いてしまうようです。(しまうという表現はおかしいですが ^^;)

hake 様、ATR 様、hytk 様から、4桁機でも動作すると報告があり、私も SL-C1000 を完全初期化して試しなおしてみた所、問題なく動いてしまいました (^^;

うーん。手順的に接続できるはずなのに何度やってもできなかったのが、こうもあっさりと繋がってしまうとは・・・あの苦労はどこへ。。。

ひとまず、3桁機・4桁機どちらでも動作するようなので、このサイト的に正式リリース扱いにするという意味で、ブログエントリでの配布からダウンロードページでの配布へ切り替えました。

余談になりますが、正式リリースをブログエントリでなく、ダウンロードページで配布するのは、常にダウンロードページに行けば最新版が得られるようにしたいためです。

ブログエントリで配布していると、「Google 等で検索した結果、ブログエントリにたどり着いて早速ダウンロード&インストールたけど、実はもっと新しいバージョンがリリースされていた・・・。」なんてことがありそうだからです。
まぁ、自己満的ユーザビリティ向上って感じです (^^;