qgmap 0.1.6 リリース

約1ヶ月半ぶりになりますが、qgmapをリリースします。→ダウンロードページ

今回はちょっと使い勝手が向上する機能を追加しました。

  • イメージファイル自動マウント機能
  • 複数イメージファイル/ディレクトリ対応
  • QCop メッセージによる緯度経度指定ジャンプ対応
  • GPS機器選択対応

最初の2つは、前々から考えてはいたものの、UIを作るのが大変そうで敬遠していた機能です (^^;

今までは1つのディレクトリしか指定できませんでしたが、今回から8つまでイメージファイル / 地図ディレクトリが指定可能になりました。それに伴い、自動でマウントする機能も付けました。

 
左上のアイコンから「Map Path」を選択

 

地図イメージ設定ダイアログ
地図イメージ設定ダイアログ

「追加」を押すと、ファイル/ディレクトリ選択ダイアログが表示されるので、地図ディレクトリの場合は、今までどおり imgs ディレクトリを指定し、イメージファイルの場合は、.rom, .isoファイルを指定してください。

地図ディレクトリ/イメージファイル選択ダイアログ
地図ディレクトリ/イメージファイル選択ダイアログ

これで地域別、用途別に地図イメージを作成しておき、必要な地図イメージだけをSDカードにコピーするといった運用が可能になります。また、いちいちマウントする手間が省けます。

 

QCopメッセージ対応は、bxk07344 さんがのぼぶろぐにて乗換案内とqgmapを連携させる方法を公開されたのがきっかけで作った機能です。
以下のようにQCopメッセージを送信することで、外部から指定した座標へジャンプさせることが可能になります。

 # qcop QPE/Application/qgmap 'setWGSLocation(QString)' '緯度,経度[,zoom]' 
# qcop QPE/Application/qgmap 'setTokyoLocation(QString)' '緯度,経度[,zoom]'

世界測地系、日本測地系のどちらでも指定可能です。

 

最後がGPS機器選択対応です。複数の GPS 機器をお持ちの方用に、5機種まで設定を登録できるようにし、簡単に切り替えられるようにしました。

新しいGPSメニュー
新しいGPSメニュー

Settingsを選択すると、各GPS機器の設定が可能です。それ以降の5つがそれぞれ設定したGPS機器となります。選択中の設定には上記のようにチェックが入って表示されます。

GPS設定ダイアログ
GPS設定ダイアログ

Nameで設定した名称がGPSメニューにも表示されます。他の項目は今までと同じです。

あまり需要は無い機能かもしれませんが、私がデバッグ目的で uPod と M-241 を切り替えるときに設定をいちいち書き直すのが面倒だったので追加しました。あっかんべー

 

HB1さんのZegaも着々とバージョンアップされてますね。次のバージョンではルート案内の曲がり角拡大表示機能を実装予定とか。うーん。すごい。ほとんどカーナビじゃないですか。
GPSログやルート案内などのGPS・ナビ関連機能は全然かなわないですね。

qgmapの今後の予定として、一応、GPSのNMEAログ取得機能は実装するつもりですが、それ以降はGPS・ナビ系以外の機能に力を入れる予定です。

カスタムPOIデータ対応や、sugarwareさんにご要望をいただきながらも先延ばしになっていた住所指定ジャンプ機能あたりを実装しようかなと思ってます。

あと、ダウンロードページの使い方の欄が膨れ上がってきたので、以前手を付けて以来放置状態のマニュアルへちょっとずつ書き写して整備していかないとですね・・。

qgmap 0.1.5 リリース

qgmap の新版をリリースします。→ダウンロードページ

今回は主に GPS 関連の変更です。

  • GPS位置追従/追従解除が可能に
    (v0.1.4では強制追従でした)
  • GPS位置が取得できていないときは移動しないように変更
    (南米に飛ばされなくなりました)
  • 三角マーカでGPS取得位置と移動方向を表示(カーナビのように)
  • GPS情報ウィンドウに移動速度、移動方向、標高を追加
  • 地図閲覧の邪魔にならないようにGPS情報ウィンドウを右下隅に表示
  • 「Menu」キーでポップアップメニュー表示
  • 「Map Path」メニューの地図データディレクトリ選択ダイアログで
    SDカードとCFの認識が間違っていたバグを修正

項目は多いですが、細々とした変更が多いです。

今回の目玉は、三角マーカによる現在位置表示機能です。 目玉というほどの機能ではないですが(^^;

マーカ表示
現在位置のマーカ表示

カーナビのようにマーカの向きは移動方向を示しています。

0.1.4 の時はGPSで取得した現在位置で強制的にセンタリングされていましたが、現在位置の追従/非追従を切り換えられるようになりました。

「G」キーを押した時は追従モードになっています。右下のGPS情報ウィンドウの右上にロックアイコンが表示されます。
スタイラスやカーソルキー、0〜9キーで画面を移動させるとロックが解除され、GPSの取得位置に追従しなくなります。(ロックアイコンも消えます)
スペースキーを押せば再び追従します。

GPS情報ウィンドウ
右上にロックアイコン 下に移動速度・方向、標高表示を追加

また、地味に移動速度、移動方向、標高表示に対応しました。

あと、ディレクトリ選択ダイアログを実装してから今までまったく気づいていなかったのですが、「Map Path」で開くディレクトリ選択ダイアログで CF と SD カード認識の判定が逆になってたので修正しました。
SDカードを挿しているとCFとして認識し、CFを挿しているとSDと認識するという、何ともお粗末なバグでした。

ようやくこれでなんとかGPS端末として最低限の機能が実装できたかな・・・?

qgmap 0.1.4 リリース

本当に久しぶりになってしまいましたが、qgmap をリリースします。→ダウンロードページ
2ヶ月ぶりですか。あいだ空きすぎですね (^^;

今回ようやくGPSに対応しました。といっても最低限の機能しかありませんが。。。

ひとまず現在位置を取得して、そこに移動する機能のみを実装しました。
ログ機能すらありません。いろいろな機能はこれから追加していきます。
GPSのログ取得やスレッド関係は HB1 様の Zega を参考にさせていただきました(^^)
すばらしいソフトとそのソースを公開していだたき感謝感謝です。

GPS機能を使用するには、まずGPSの設定が必要です。
左上のアイコンをクリックすると表示されるメニューの「GPS Settings」を選択します。

GPS設定メニュー
GPS設定メニュー

すると、次のようなダイアログが表示されます。

GPS設定ダイアログ
GPS設定ダイアログ

各設定の意味は以下の通りです。

  • GPS Device
    • GPS機器が接続されているデバイスファイルを指定します。
      Zega でいう、devFile 相当です。
  • PreCommand
    • GPS接続を行う前に実行するコマンドです。
      Zegaでいう、startGpsCommand 相当です。
  • PostCommand
    • GPS接続を切断した後に実行するコマンドです。
      Zegaでいう、stopGpsCommand 相当です。
  • 更新間隔
    • 画面を更新する間隔です。GPSが出力する間隔に関係なく、この設定で指定した間隔で画面が更新されます。
  • 測地系
    • GPS機器が出力する緯度・経度の測地系を指定します。
  • 時差
    • 現在地の時差を指定します。この時差を補正して測位時間を表示します。

基本的に、Zega で使用できている方は、devFile 指定を GPS Device に、startGpsCommand を PreCommand に、stopGpsCommand を PostCommand に指定すれば動くと思います。たぶんですが。

設定を行ったら、「G」キーで GPS 受信を開始します。
GPS受信モードに入ると、画面の左上に以下のような小窓が表示されます。

GPS情報表示
GPS情報表示

左上から右方向に、受信している衛星数、受信時刻、緯度、経度が表示されます。

緯度・経度が受信できると現在地を中心に表示します。スクロールしても強制的に現在地に戻されます。この辺は徐々に改良していきます。

GPS関連では今後、以下の項目を追加・改良したいと思っています。

  • 標高、移動速度、移動方位表示
  • 現在地自動センタリングのON/OFF切り替え
  • 現在地に移動方向を三角マーカで表示(カーナビのように)
  • NMEAログ保存機能
  • 移動軌跡表示

GPS機器は、M-241 と uPod で確認していますが、他の機器で使えるか不安ですので、試してみたかたは、動作した/しない関わらず、コメントに動作報告を頂けるとありがたいです。よろしくお願いします!

そろそろ機能が増えてきたので使い方をまとめないと・・・。