4up 小冊子印刷PDFの作成

前回の製本の際に作成したスクリプトを公開します。

動かすには perlの他に、pdfinfo, pdftk, pdfjam コマンドが必要です。Ubuntu 11.10であれば、以下のコマンドでインストールできます。

$ apt-get install pdftk pdfjam 

Ubuntu 11.10 の場合は、pdfinfoは元々入っていました。 

使い方はアーカイブを展開すると作成される 4up-booklet ディレクトリに移動して以下のように実行します。

$ ./4up-booklet.pl [-r] 入力PDF 出力PDF

-r オプションは後述します。 

A4のpdfファイルを渡すと、以下の図のような 4up された小冊子印刷用の A3 PDF が出力されます。 

この出力されたPDFを長辺綴じで両面印刷して、A5サイズに断裁すれば、A5サイズの本が作れるようになっています。

また、断裁はA4サイズに留めて、中央でホチキスで止める中綴じもできるようなページ割になっています。 

 

-r オプションを指定すると 4up 時に左右を入れ替えことができます。こうすることで、縁取り印刷できない印刷機でも、縁ギリギリまで印刷できるようになります。ただ、いくつかデメリットもあります。

  • メリット
    • 縁まで印刷できる (左右のみ)
  • デメリット
    • 中綴じはできない (A5まで断裁が必須)
    • 断裁面が本の腹になる
      • 刃こぼれなどで断裁面が汚いと見栄えが悪い
      • 断裁面は刃の汚れがついて汚れやすい

実は、ページ割が間違っていて前回の製本がたまたま左右逆になっていたんですが、これはこれでアリだったのでオプション化したものです。 (^^; アブナイアブナイ

最後に注意事項ですが、ページ割がおかしいこともあるかもしれないので、使う際には試し印刷をすることをお勧めします。製本時に大量に印刷してからでは失敗時の被害も大きいので、確認した上で自己責任で使ってください。 

また、これは左開き(横書き)を前提に作ってます。-r オプションをつければ右開きにも対応するような気はしますが、確認してから使ってください。

関連した記事:


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*