ジャンクの Bluetooth CF カードを買ってみました

HardOffでジャンクを物色していたら、ジャンクのカゴに無造作に入れられていたCFタイプのbluetoothカードを発見‼

ジャンクでみつけた Bluetooth CF カード
ジャンクでみつけた Bluetooth CF カード

brain boxes という聞いた事ないメーカーでしたが 500円 だったのでダメモトで買ってみました。型番は BL-631 という物らしいです。

Bluetooth CF カードというと、有名なSocket製のカードだと1万円くらいしますし、そもそももうオークションでもなかなか出回ってない超レアモノです。

早速家に帰って試してみました。

ザウルスで試す前にLinuxのノートPCに挿してみたところ・・・・・

あっさりシリアルカードとして認識!!!

おぉぉぉぉ!

Bluetooth はシリアルとして認識されることが多いため、もうこのあたりでちょっと興奮気味に。使えるかも? 使えるかも???

デバイスファイルの /dev/ttyS? もちゃんと作られたので、hciattach、hcitool scan を実行したところ、ちゃんとデバイスの検索ができるじゃないですか‼ M-241 もちゃんと認識できました。

ちょっと鳥肌が立ってしまいました。500円でBlueTootuカードが手に入ってしまうとは。

その後、blueZ を入れたザウルスでもちゃんと使うことができました。

C1000に挿してみました
C1000に挿してみました

ちょっとでっぱりが大きいですが、値段を考えれば文句は言えませんね。

これで3桁機やバックパックを付けたSL-A300でもGPSが使えます。

500円で Bluetooth CF カードが手に入るなんて、本当ラッキーでした。

HTC Desire (X06HTII) 買いました

新しい Desire (X06HTII) を予約開始日の 8/3 に予約していたのですが、先週ショップから連絡が来たので、先週末機種変更に行ってきました。発売日に手に入れることができました。

Desire 買いました
Desire 買いました

ばっちりケースも液晶保護シートも買いました。

最近 iPod touch といい、Desire といい、新しいガジェットを買いすぎですね。

で、2日ほど使った感想は・・・使いにくいですね (^^;

スマートフォンだからか、基本機能である電話が非常に使いにくい。私の場合、Desire はサブ携帯ではなくメインなので通話も非常に重要な機能なのですが、標準の「連絡先」アプリ(電話帳)が電話帳の役を果たしてません。

一番ビックリしたのは名前のソート順がふりがなではなく、キャラクタコード(漢字コード)順であること。この時点で100件近い名前から目的の人を見つけるのは不可能です。いちいち名前検索をしないといけないのは、ストレス溜まります。

ただ、Android のすごいところは、電話帳といった基本機能も Android Market からダウンロードしたアプリで差し替えられるところです。これはすごいと思いました。気合入れれば自分でほとんどの機能を作れるというのもエンジニア心をくすぐります。

上記の問題も「Jブック2」という電話帳アプリを入れることで、6割方解決しました。もっと自分に合った電話帳アプリを探してみようと思います。

それにしても、そんなユーザアプリをいれないと基本機能すら事実上使えないというのはメーカー(キャリア?)の怠慢じゃなでしょうかね。ソフトバンクが iPhone は全面的に押してるのに Desire は全然触れないのは、マニアじゃない一般の人にはおすすめできないからかもしれません。

2010/11/28 追記:

上記の電話帳の件ですが、10/8 にリリースされた Android 2.2 Froyo へのアップデートで修正されています。

現在ではふりがな順でソートされ、相手を探すのも容易になっています。

iPod touch 買いました

今日、予約していた iPod touch が届きました。

今まで携帯音楽プレーヤは初代の iPod nano を使っていたのですが、右しか鳴らなくなってしまいました。イヤホンのプラグを挿してある方向に力を加えると聞こえるようになるので、多分イヤホンジャックのハンダクラックだと思います。

その nano が壊れたのが、ちょうど新型 iPod touch が発表される前日・・・偶然にしては出来すぎのような・・・。

新型 iPod nano もよかったのですが、Zaurus 以来 Netwalker 位しか最近のガジェットを買っていなかったので、時代についていくために iPod touch にしてみました。

9/15に上海から配送されて、今日届きました。

iPod touch 到着
iPod touch 到着

ダンボール箱に梱包されています。

ケースはこんな感じ
ケースはこんな感じ

ケースは最近の iPod と同じく、透明なプラスチックのケースでした。


表面はピカピカです

当然ですが、開けたてなので指紋もなくてピカピカです。


裏面もピカピカ

裏面も鏡面仕上げでピカピカです。ケース買わないとすぐ傷だらけになりそう・・・。

 

iPhone も iPod touch も持っていなかったので、iPhone OS(?) はちゃんと使うのは初めてです。

さっそく使ってみた第一印象は、「画面がとにかく綺麗」でした。

解像度が高いためだと思いますが、フォントがクッキリハッキリしていてとても見やすいです。

qgmap のライバル(?) GoogleMaps も使ってみました。

・・・・。

ライバルなんて言ってごめんなさい (^^; 足元にも及んでないですね。


SL-A300 (qgmap) と iPod touch (GoogleMaps)

せっかくなので SL-A300 と並べてみました。

ちょっとせつない気持ちになりますが、7年前に発売された端末にしては、結構頑張ってるのではないでしょうか。

iPod touch と比べてみても、Zaurus って機能的には技術の進歩によるレベルの差こそあれ、あまり変わらないような気がします。

音楽も聞けるし、動画も見れる。Webブラウザもあって、メールも読み書きできるし、アプリも追加できる。目の付け所はよかったんだと思います。

一番の違いはAppleならではの UI, User Experienceへのこだわりでしょうか。あとはビジネス向けか一般向けかの違いとか。

時代の流れや、技術の進歩もあるとは思いますが、早く生まれすぎたような気がします。 もう少し違っていればまだまだ Zaurus も生き残っていたかも知れません。

 

iPod touch を色々いじっていると、ふと液晶と金属のボディの間に何かが挟まっているのを見つけてしまいました。


何か挟まってる!

どうも接着剤のようです。こいつのせいでその周辺に数cmに渡ってスキマがあいてしまっています。ホコリとか詰まったりしそう・・・。

他にも開封直後なのに画面のガラスと金属ボディの間にある黒い樹脂が削れているところがありました。(3枚目の写真の本体の右の長辺の真ん中やや上にある白い部分がそれです)

一番最初の写真に写っている、クリアケースの回りをくるんでいた白いビニールシートも、梱包する際無理やり入れたのか、端がクシャクシャになっていました。

Apple らしくないような気もしますが、Assembled in China だから仕方ないのでしょうか。

ちょっと残念です。