GW-CF54G ドライバ更新 & 3桁機対応状況

GW-CF54Gドライバを更新しました。
現在、3桁機対応がちょっと行き詰まったので、現時点の3桁機用スナップショットも公開します。(→ ダウンロードページへ)

4桁機用の修正内容は以下の2点です。

  • ANY接続対応
  • クオリティに対応

ANY接続はだいぶ前から修正方法が分かっていたのですが、3桁機対応に合わせて公開しようと思っていたため、公開が遅くなってしまい、すいません。

クオリティは対応する必要がないことは neso 様に調べていただいていたのですが、libertas のコードを見たところ、簡単に移植できそうだったので対応してしまいました (^^;

現時点で認識している問題は以下の1点のみになりました。こちらはまだ調査中です。

  • サスペンド/レジュームで自動再接続できない

さて、今回の目玉(?)は、3桁機対応のスナップショット版公開です。
初めに断っておきますが、完全動作はしません。大きな制限付きである程度動作するレベルです。

3桁機でも一応繋がった??
3桁機でも接続?? 

とりあえず、アクセスポイントの接続まではうまくいくようになりました。
Linux的にはちゃんと通信もできることは確認しています。

ただ、以下の制限があります。

  • 電波強度が0と認識
    → タスクバーに「電波が弱くなっています」と表示されるのが邪魔
  • なぜかNetFrontでWeb閲覧ができない。(OperaではOK)

特に、前者が常用には厳しい制限となります。
メッセージ表示中はタスク切り替え用のアイコンが隠されてしまうため、かなり邪魔です。

 

邪魔なメッセージ
邪魔なメッセージ

 

wlanctl-ng で電波強度取得ができるようなので、対応してみたりもしたのですが、どうしても電波強度 0 のまま。
うーん、どうやって電波強度を取得しているんだろう・・・。

あ、そうそう、写真を見て、あれ?と思われた方もいるかもしれませんが、結局 SL-C760 をオークションで買ってしまいました ^^;
買ってみて分かったんですが、表向きは4桁機とほとんど一緒ですが、Linuxシステムのレベルではちょこちょこ違いがありますね。
これでは実機を持っていないと開発できませんでした・・・。

とりあえず、現状報告でした (^^)


GW-CF54G ドライバの状況 問題点/制限事項

GW-CF54Gドライバの現在分かっている問題点を上げてみます。

  • LinkQuality が常に 0
    → 電波強度が取れず、常に青アイコン
  • レジューム後の自動再接続ができない
  • ANY接続できない
    → 既に修正方法は分かっている

特に、LinkQuality が 0 なので接続できたときは常に青アイコンで表示されている可能性があります。
ソースを見てみたところ、Link Quality が 0 固定で代入されているようです。うーん、どう対応しよう。

自動再接続は、ドライバではなく、初期化スクリプトの問題なのでおそらく対応できると思います。

今週は本業がいそがしく、なかなか時間が取れないため、3桁機対応も含めまだ修正に手をつけることができていません。
のんびりとお待ち頂ければと思います。


GW-CF54G ドライバの状況 その2


原因は ANY 接続時の処理に問題があったためでした。

現状では 「ESSIDを指定しない (ANY)」 にチェックが入っていると接続できませんので、接続できない方はこの設定を確認してみてください。ANY 接続になっている場合は、明示的に ESSID を指定してください。

すでに ANY 接続の対応方法も分かっていますので、近いうちに ANY 接続対応版のドライバを公開する予定です。

これで今まで判明している問題は解決(予定)になりました。
また、皆様のご協力のおかげで、4桁機すべてで動作確認をとることができました。
改めて、みなさまありがとうございました!

思いのほか問題が起こらず、ちょっと安心しました。
もう人柱版ではなく、正式リリースでよさそうです (^^)