SL-6000借りました

SL-6000 シリーズにも SDHC ドライバが欲しいとのコメントを頂きまして、本格的に調査しようと思っていたのですが、私は実機を持っていないのです。試しにオークションを覗いてみたら1万円もするんですね。私にはちょっと気軽に買えません。

そこで会社の人に聞いてみたところ、SL-6000 を持っている人がいたのでを借りてきました。

SL-6000 借りました
SL-6000 借りました

結構大きいし厚みがありますね。

どれくらいの大きさなのか SL-A300, SL-C1000 と比べてみました。

大きさの比較 (左から SL-6000, SL-C1000, SL-A300)
大きさの比較 (左から SL-6000, SL-C1000, SL-A300)

スライド式のハードウェアキーボードがあるため縦に長いですが、横幅は SL-C1000 より少し小さいようです。

高さの比較 (左 SL-6000, 右上 SL-A300, 右下 SL-C1000)
高さの比較 (左 SL-6000, 右上 SL-A300, 右下 SL-C1000)

厚みは SL-C1000 より薄く、SL-C1000 の画面を開いた時+α 位のようです。

LCDが反射型液晶なので外での視認性は抜群ですね。qgmap には向いてるかもしれません。

SL-6000の画面とハードウェアキーボード
SL-6000の画面とハードウェアキーボード

反射型液晶って昔の携帯みたいにあまり発色がよくないイメージがあったんですが、SL-6000は綺麗だったので驚きました。 カラーの反射型液晶ってあまり見かけないだけで結構綺麗なんですね。

早速SDドライバまわりを確認してみましたが、3桁機と同じパスにありました。3桁機と同じ PXA255 なのでカーネルも同じなのでしょう。

ただ、気になったのはドライバのサイズが結構違うこと。各機種の sharp_mmcsd.o のサイズは以下のようになっています。

  • SL-A300(PXA210) 47,879 Byte
  • SL-C700(PXA250) 40,657 Byte
  • SL-CXX0(PXA255) 40,222 Byte
  • SL-6000(PXA255) 49,629 Byte
  • SL-CXX00(PXA270) 67,530 Byte

SL-A300 は限定的ながら SDIO の処理が入っている(PHSカードのみ使用可能)ため大きいのと、4桁機は PXA255 と PXA270 でSDコントローラが違っているため大きくなっているとして、SL-6000は同じ PXA255 のSL-CXX0 より結構サイズが増えています。

作りが変わったりしていなければいいのですが・・・。

関連した記事:


4 comments

  1. SL-6000を借りていただいたのですか!すみません、勝手に期待しています。
    実はこの前までC860を使っていたのですが、調子が悪くなったので、オークションでSL-6000Lを入手して使っています。反射型液晶が気に入っているのと、縦型なのが妙に新鮮で結構気に入っています。また「L」なので無線LAN内臓なのもGOODです。いまさらですが。。。
    先程、このブログを開いて、SL-6000の画像が出てきたときには、一瞬目を疑いました。他力本願で申し訳ありませんが、ご対応いただければ幸いです。
    明日から一週間出張のお供で6000を連れて行きます。

    • mokusei さん、コメントありがとうございます。
      SL-6000「B」なら買ってもいいかなぁとも思ったんですけどね。
      SL-6000自体がなかなかオークションにも出回らないですからね。
      SDHC は対応できるように頑張りますが、あまり期待はしないでくださいね (^^;

  2. いい端末ですよねぇ~
    CPUやその他諸々を今仕様にして売ってくれたらポチるんだけなぁ…

    • Zaurus全般に言えることですけど、筐体はそのままで CPU とメモリ、NANDを
      今時くらいのスペックにしたやつが欲しいですねぇ。
      いや、今の技術ならもっと小さくできる気も・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*