koboにシリアル端子を増設

以前 kobo touch にUSBシリアルを繋げるKobo 用のシリアルコネクタ作成という記事を書きましたが、kobo glo では後ろに E-ink パネルがあって治具が貫通せず、この方法が使えなかったためコネクタを追加することにしました。

普段使いもしている端末なので、ケースにバリバリ穴を開けて線を引き出すというのではなく、外観を損なわないような方法を考えました。

コネクタの位置ですが、microUSB 端子の横に隙間がありそうだったのでそこに追加しました。

130706-glo-uart
端子の位置と配線図

 

端子はICソケットの丸ピンタイプ(秋月電子へのリンク)の足を切ったものを使用し、ホットボンドで固定しています。

ちょっと汚いですが拡大するとこんなかんじです。

130706-glo-uart2

プラグの方は丸ピンのIC連結ソケット(秋月へのリンク)を使いました。

130706-uart-pin

接続するとこんなかんじです。

130706-glo-connection

筐体がそこそこ厚みがあるのでがあるのでピンの長さが足りるか心配でしたが、ギリギリ届いているようで、差し込んだ時にクリック感(?)があり、しっかりホールドされます。

逆向きに挿せてしまうので、向きを覚えて置かないといけないのが難点です。

5ピン分の幅を使って、2番めのピンを切り落として逆には挿さらないようにしたほうが良かったかもしれません。

 

外観はこんな感じです。

130706-glo-hole

穴を開けただけなので、注意してみない限りほとんど目立ちません。個人的に大満足の出来です。

 

ケーブルの先はこんな感じになっています。

130706-uart-usb

適当に余っていたケースに入れたのでかなりスカスカです。

シリアル変換には前回同様、秋月のFT232RL USBシリアル変換モジュールを使ってます。今見たらキットも出てるんですね。ピンヘッダを自分でハンダ付けするだけで150円引きはお得です。

やはりケースに入れるとぞんざいに扱えるのでいいですね。むき出しだと常にショートしないか気にしないといけないので、精神的に煩わしいです。

 

ついでに Touch の方もやってみました。

130706-touch-connection

 

これで裏蓋を開けなくても手軽にデバッグできるようになりました。touch と glo を行き来するのもケーブルの差し替えで済むのラクチンです。

 


おおよそ復旧

結構時間がかかりましたがおおよそ復旧しました。大変だった・・・

比較的最近の一部コメントは復元できず消えてしまいました・・・コメントくださった方々すいませんでした。

ダウンロードバイナリはアップロード前のものがあるので全て戻ったのですが、LiveCD上で撮ったスクリーンショットだけ無くなってしまったようです。

定期的にバックアップ取らないといけないですね。


It appears the data for your VPS may be lost

だそうです・・・。

勘弁してくれ・・・。

借りていたVPSサーバはWebサーバだけでなく、メールサーバ、SVN, git リポジトリとしても稼働させていたので、そのデータがなくなるのはかなり厳しい。

バックアップ取ってなかったおれが悪いんだけど・・・ねぇ。

Webページは 2012/9 のCMSアップグレード時のDBが残っているので、あとの記事は archive.org から補完するとして、問題はコード類だな。

git は分散型だから push すればいいとして、SVNは部分的に checkout しているローカルリポジトリから復元できるのだろうか・・。

SVNは 1 つのリポジトリにディレクトリを分けて複数のプロジェクトを作成していたので、基本的にリポジトリ全体をチェックアウトしてないんだよなぁ。SVNの部分的なローカルリポジトリから git に import とかできれば履歴や差分を救いだせそうだけど。

zaurus 時代のリポジトリはあまり使わないだろうし諦めるかなぁ。

 

完全復旧には時間がかかると思いますので、ダウンロードページがなくなって困ってる人がいればコメントください。

優先的にアップしたいと思います。